心がおよぼす治療への影響

かゆみは「心」と密接な関係があります。

ですから、心がかゆみに及ぼす影響を除去する、
あるいは減らすことができれば、
アトピーなどの皮膚病の治療はスムーズになります。

だとしたら、「あなたはもうかゆくありません。」と催眠術を患者さんにかければ、
その人はかゆみを感じなくなり、かかなくなります。

掻かなくなれば、かゆみによるかき壊しなどの悪化もなくなるでしょう。

しかし、実際問題、患者さんに催眠術をかけるなど
夢のような事はなかなかできないので、
「かくのを我慢する」ことが必要であると伝え、
なるべく我慢しなくてもよいように、かゆみを抑える薬を
患者さんに処方すると言うのが、現在の治療法となっています。

そして、同時に、その皮膚病のもともとの原因を探り、
見つけて治療を行っていくことが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ