かゆみの原因物質

かゆみの原因物質として、主なものといえば「ヒスタミン」です。

ヒスタミンは、全身の組織内に存在しているアミンという物質の一種で、
かゆみの話にヒスタミンは欠かせないほど、
かゆみの中心的物質として存在しています。

ほかには、インターロイキン2(IL-2)や、プロスタグランジン(PG)も、
かゆみに関係している化学伝達物質です。

さらに、他にもかゆみを悪化させるものがいくつかあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ