痛みの原因物質

痛みの原因となる化学物質のNO.1は、ブラジキニニンです。

他にも、プロスタグランジンやサブスタンスP(Sub-P)、
アセチルコリン(Ach)、カプサイシン、酸なども原因物質となりますし、
「熱」も痛みの主な原因となります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ