痛みの伝わり方

痛みの伝わり方には、いくつか種類があります。

たとえば、包丁などで手を切ったときの痛みは、
「瞬間的に走る鋭い痛み」ですし、
胃が弱っているときなどに感じる痛みは、
「じわじわした鈍痛」です。

そして、このように痛みの感じ方が違うのは、
伝達する神経線維が異なっているからです。

つまり、鋭い痛みと鈍い痛みは、それぞれ別の線維によって伝わります。

痛みの感じ方の種類によって、線維が異なり、
痛みの伝わり方も異なるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ